• WG1 :「経年優化するスマートシティのデザイン」

    【研究リーダー:出口 敦(東京大学) 湯川 俊一(三井不動産)】

    世界的な都市政策の潮流やポストコロナの都市に関する議論から、「経年優化する都市」の実現のための方法論検討を行う。
  • WG2:「これからの都市の姿を考える」

    【研究リーダー:青山 和浩・村山 顕人(東京大学) 北崎 朋希(三井不動産)】

    三井不動産の街づくり事例をもとに都市の経年優化のメカニズムをモデル化するとともに、都市システム・デザイン手法の体系化を通じて都市ビジョンの再構築を行う。
  • WG3:「都市の新たな価値創造」~経年優化する都市の実現に向けた社会実装~

    【研究リーダー:越塚 登(東京大学) 町田 収(三井不動産)】

    都市OSをより高度に発展させ、市民や企業も参画してサービスが持続的に生み出される仕組みを検討し、都市の新たな価値の実現に繋ぐ。
  • WG4:「afterコロナにおける大学を中心としたイノベーションエコシステムに関する研究」

    【 研究リーダー:渡部 俊也(東京大学) 丸山 裕貴(三井不動産) 】

    DXの進展と、再確認されたリアル空間との組み合わせの価値に着目し、afterコロナにおけるイノベーションエコシステムを支える施設の価値を最大化する施策を明らかにする。