• ピークレスWG

    移動から考えるピークレスな街づくり

    【研究リーダー:中村 文彦(東京大学) 湯川 俊一(三井不動産)】

    世界的な都市政策の潮流やポストコロナの都市に関する議論から、「経年優化する都市」の実現のための方法論検討を行う。
  • 経年優化モデルWG

    経年優化のモデル化によるデザイン・マネジメント手法の構築

    【研究リーダー:青山 和浩(東京大学) 北崎 朋希(三井不動産)】

    三井不動産の街づくり事例をもとに都市の経年優化のメカニズムをモデル化するとともに、都市システム・デザイン手法の体系化を通じて都市ビジョンの再構築を行う。
  • スマートシティWG

    データ活用による都市サービスの実現手法の研究

    【研究リーダー:越塚 登(東京大学) 町田 収(三井不動産)】

    都市OSをより高度に発展させ、市民や企業も参画してサービスが持続的に生み出される仕組みを検討し、都市の新たな価値の実現に繋ぐ。
  • 関係性資産WG

    AIスタートアップにおける関係性資産の解明

    【 研究リーダー:渡部 俊也(東京大学) 丸山 裕貴(三井不動産) 】

    AIスタートアップが成長するために必要な要素を解き明かしていく
  • 渋滞学WG

    「誘導アルゴリズム」による車の渋滞の解消

    【研究リーダー:西成 活裕(東京大学) 上野 勝宏 (三井不動産)】

    大規模商業施設等を具体的な題材として、施設内駐車場運用工夫、それに基づいた将来の都市の駐車場の在り方を含めて、必要な施策を研究し、実装していくと共に、本研究で得た知見を「経年優化する都市(街)」づくりにも活かしていく。
  • 持続性評価WG

    都市の持続性評価システムの構築 ~ESGの観点から考える街づくりの戦略~

    【研究リーダー:村山 顕人(東京大学) 須田 英男(三井不動産)】

    2050年のカーボンニュートラル実現というテーマを掲げ、個々の建物だけでなくエリア全体として取り組むべき課題や対応施策の検討を行いながら、都市の持続性を比較評価する手法を構築していきます。